《美容情報》あごの整形なら貴方が望む形を作ることの出来る

手術の際に行うことになる全身麻酔によって身体への負担が少し前まで手術設備も十分ではないために、大きな問題となっていました。
今では多くの方が自分の理想を叶えており、ほとんど傷跡を残すこと無く顎の美容整形が可能になってきています。
顔の輪郭が非常に大きく小顔にすることに影響を与えています。
この顎の美容整形の歴史は古く、今では一般的に行われていますが1970年代から日本では行われています。

 

あごの整形手術の際には、最近では骨きりの技術も飛躍的に向上し、安全性も高くなってきました。
個々が望むあごの形やバランスをその結果、実現させることが出来るようになったのです。



《美容情報》あごの整形なら貴方が望む形を作ることの出来るブログ:10月15日

今日はどういうわけか、モチベーションが高いです(笑

大勢の人たちは、
根本的にダイエットを勘違いしています。

「美しくなる=ダイエット=食べないこと」と
勘違いしている人が少なくないのです。

美しくなるためにはやせなければいけないと考え、
やせるために無理な食事制限をしている人が多い…

「ダイエットとはとにかく食べないことだ」
それだけに一点集中してしまうのです。
これがいけないのです。

まず、急に食事制限をすると、元気がなくなります。
顔は青白くなり、元気も出なくなり、魂が抜けたようになります。

学生であれば勉強が頭に入らず成績は落ち、
社会人であれば仕事をする元気が出なくてミスをしてしまいます。

食べないダイエットをある程度続けることで、
目標の数値までやせられたとしましょう。

しかし達成できたとたん、ため込んだストレスをはき出すかのように、
ガバッと食べてしまうのです。
そうしてリバウンドして振り出しに戻る…という結末。

なぜこれほど具体的にわかるのかというと、
わたくし自身が何度も経験したことだからです。

思春期は、特に人目を気にする時期で、
何度もダイエットに挑戦をしては失敗を繰り返しました。
特に、はまったのは高校を卒業した時期でした。

わたくしに限らず、周りの知り合いも
過去に何度かダイエットを経験している人がいました。
女性ばかりと思いきや、男性にも多いのです。

しかし話を聞くと、
なぜか成功している人よりも失敗している人のほうが多い!
わたくしもそのひとりでした。

その失敗するダイエットに限って
「食べない」という方法に頼るものだったのです。
みんな同じようなことを考え、同じような失敗をしていたんです。

皆さんも、そんな失敗経験はありませんか?

くれぐれも、食べないダイエットはやめてくださいね!

どんとはれ